クリアネオの高い安全性の裏付け|第三者機関による3つの検査

クリアネオはワキガ対策用クリームとしても非常に人気の高い製品ですが、その人気の理由の1つに「高い安全性」が挙げられると思います。

実際に使用されている成分も、安全性の高い2つの有効成分と、あとは私たちの身近にある植物性成分で、口に入るような成分も少なくありません。

そして更に、クリアネオはその安全性を保つ為にも第三者の検査機関によって品質をチェックされているというのです。これは驚きですよね。

今回は「クリアネオの高い安全性の裏付け|第三者機関による3つの検査」をご紹介したいと思います。

第三者機関による3つの検査

24時間閉塞パッチテスト

私は市販されているブリーチ剤で見たことがあるのですが、被験者によって予め「これを使用しても影響がないかどうか」を試験されていれば、商品パッケージに「パッチテスト済み」と掲載できるようになるというものです。

被験者による自己申告だけでなく、皮膚科医によって判定・スコア化されることによって、問題の有無が判定されています。

RIPT(累積刺激性及び感作試験)

前項で紹介した24時間閉塞パッチテストを、より厳しい判定基準で検査したものだそうです。

24時間で判断をするのではなく、もっと長いスパンで使用しても問題ないかどうかという観点で安全性を判断しているため、パッチテストをギリギリでクリアできるような商品であれば基準を満たせない試験と考えていいでしょう。

「アレルギーテスト済み/累積刺激テスト済み」と記載できるようになります。

低スティンギングテスト

かゆみ、ヒリヒリ感などを試験します。被験者の自己申告に加え、皮膚科医が判定・スコア化するそうです。

一定基準をクリアすれば「スティンギングテスト済み/低刺激性/刺激が少ない」と記載できるようになります。

放射性物質検査も問題なし

更に放射性物質検査も行われています。

恐らく植物性成分を多数使用しているため、それらの植物たちが放射性物質の影響を受けていないかということを調査する目的で実施されていると思うのですが、抜かりないくらいの安全検査と言ってもいいのではないでしょうか。

食品でも、ここまでの検査って行なわない物の方が多いですよね。

よく「クリアネオは高いから市販品の方が良い」ということを言う人がいますが、実際に自信の肌に影響が出てからは遅いんです。

特にデオドラントには刺激の強いものが多いので、このように安心して使えるものを採用することをおすすめします。

最後に

成分だけじゃなく、安心して使用できるように第三者機関によって検査を行っているという姿勢が気持ち良いと思いませんか?

クリアネオは毎日使用するという人が多いと思います。

仮に刺激の小さいデオドラントだったとしても、毎日使用することで少しずつ姿を現してくる悪影響などもあると思うので、クリアネオなら安心して使用することができるでしょう。

クリアネオ 最安値